おまじないで自分の願いを叶えよう!【事前に準備を行っておく事】

素材によって異なる

陰陽マーク

祈祷を受けた素材

日本では個人や法人の証明の時に印鑑を利用することが多いです。どんな印鑑を使うかはその時によって異なりますが、単なる認印なら100円ショップで売られているタイプでもいいかもしれません。しかし個人的な契約や会社の重要な契約をするときには、自分の思い入れの強い印鑑を利用した方がいいかもしれません。印鑑を販売しているお店では一般的な印鑑の他に開運印鑑と呼ばれる印鑑を販売しています。どんなものか気になる人もいるかもしれません。古くから印相と呼ばれる考えがあり、名前などであれば姓名判断などが行われていました。開運印鑑を販売しているはんこ屋の店主は印相を学んでいて、どんな印相がその人に合うのか、目的に合うのかを考慮して作ってくれます。開運印鑑を作る時には素材を選びます。これらの素材に関しては事前に神社などで祈祷がされています。祈祷された素材において、店主がその人の名を目的に合わせて彫ってくれるので、一般的なものとは大きく異なります。開運印鑑を作ってもらおうとするときの相場としては、安いものから高いものまで差があると言えます。安いものなら数千円程度でも作れますし、高いものとなると10万円以上するものもあります。その価格を左右する要因としては素材があるでしょう。木製タイプであれば安くなりますし、今は新たに撮ることができない象牙になるともっと高くなります。高級感のあるケースなどをつけてもらうと、さらに高くなるときもあります。

Copyright© 2018 おまじないで自分の願いを叶えよう!【事前に準備を行っておく事】 All Rights Reserved.